優良店を見つけて得しよう!クレジットカード現金化

換金率アップ大作戦!

換金率ってなんだ?

換金率は還元率と表現されることもあります。

どんな数字かというと、どれくらいの金額をショッピング枠で、どれくらいのお金に換えることができるかという率のことです。
換金率の求め方として、手に入るお金の金額から利用するショッピング枠の金額を割った数字が換金率となります。
例えば、ショッピング枠で15万円のブランドバッグを買って、現金化した際に13万円だったとしたら、換金率は約86%だということがわかります。

さてそうなると、ショッピング枠で購入した金額と手に入った金額は変わってきますね。
その差額はどうなるかというと、業者側でも手続きをする上で必要になる経費や決済手数料などの、業者の利益になります。
あまりも高すぎる換金率も怪しいですが、やはり換金率が高い方が手に入れる金額も高いのでクレカ現金化で業者を探す際には、換金率を比較することも重要となります。

少しでも換金率を上げるためには?

換金率を上げるためのコツとして二つ挙げられます。

一つ目は交渉です。
「他業者より還元率を1%でも高くします」と言い切っている業者があります。
電話でもいいので、その業者に交渉してみましょう。
ネットでの口コミももちろん参考にしてもいいのですが、実際交渉し見積もってもらえた方が確実です。
二つ目は、換金性の高いものを買うことです。
ブランド物を購入するときは、流行のブランド物にしましょう。
どんなに高級なブランド品でも、流行ではないものは買い手も少ないので高く取引はしてくれません。
高値で取引がされている商品として、金券、ギフト券が挙げられます。
商品価値が下がることがないことが理由として挙げられます。
ただ、現金化の商品として使われすぎてしまったためなのか、カード会社からの監視が厳しく、現金化での利用を防止するために、クレジットカードで購入できないこともあります。


この記事をシェアする